分子

不妊の原因を探るために男性専門クリニックで精液検査を受けよう

男性不妊は精液検査で原因が分かる

研究員

特定のパートナーがおり、定期的な性的関係があるにも関わらず2年以上妊娠に至らない場合、不妊症が疑われます。不妊症と聞くと女性の体質上の問題かと思われがちですが、その原因の半分は男性にある可能性があることが分かっています。長年子どもを望んでいるのになかなか妊娠に至らない場合、不妊治療を考えられる方は多いでしょう。その場合、原因をまずははっきりと認識することが大切です。そのためには女性も男性も検査を行うことが望ましいとされています。女性の場合は、ホルモン検査や子宮内部の検査、そして男性の場合は精液検査が主なものです。女性の場合いくつかの検査を行っても不妊の原因を突き止められないということは良くありますが、男性不妊の場合は、精液を検査すれば大抵は原因が分かります。精子に奇形などの異常がないか、量や働きに問題はないかなどという事が精液検査ではっきりと分かりますので、その方の体質や症状に合った不妊治療を施すことが可能です。これから夫婦一緒に不妊治療に取り組んでいこうと考えておられる方は、ぜひ男性の不妊治療専門クリニックに相談してみてください。担当医師が親切ていねいにカウンセリングを行ってくれますので、気負うことなくまずは気軽に問い合わせてみましょう。

精液検査で不妊の原因を正しく把握しよう

そろそろ赤ちゃんができてもおかしくないという時期なのに、なかなか妊娠できず、不妊治療が必要なのかどうか判断に迷っていらっしゃる男性も多いことでしょう。そんな方におすすめしたいのは、まず男性の不妊治療専門クリニックに相談してみることです。周りの人には相談しづらい不妊についての悩みは、正しい知識を持っている男性の不妊治療専門クリニックへ話してみることで、一歩前へと進むことができるでしょう。そして、精液を検査してみることで、不妊の原因がなんなのかはっきりする可能性があります。インターネットなどには、デマや誤った情報も多く拡散されていますので、一人で悩んでいるよりも、確実に診断してくれる男性の不妊治療専門クリニックへ相談することがおすすめです。また、不妊治療は、早く開始したほうが効果が高いといわれているので、なるべく早めに不妊の相談をしてみると良いでしょう。夫婦の間でもなかなか話しづらい不妊について、まずは精液検査で原因を調べてみることから始めましょう。精液検査によって原因が分かれば、早く不妊治療に取り組むこともできますし、長引かせないためにも、まずはなかなか妊娠できない理由を検査して調べてみましょう。

不妊治療に欠かせない男性の精液検査の必要性と進め方

不妊治療に取り組んでいるカップルの中で、不妊の原因の4割から5割は男性に原因があると言われています。その為、不妊治療に取り組む場合、男性に対する検査も欠かす事が出来ません。男性の不妊治療の検査としては、精液の検査を挙げる事が出来、その原因を特定する事でカップルとしての不妊治療の方針を早期に決める事が出来ます。男性の精液検査では、精液量や精液1ml当たりの精子の濃度、総精子数や精子の運動率、正常な精子や奇形の精子等の形態、更に精液中の白血球濃度等を調べる事が出来ます。これらの精液検査は、男性の不妊治療専門クリニックに相談する事で、男性不妊の原因の特定を行う事が出来ます。特に男性不妊の半数は原因が特定しにくいと言われていますが、運動率が適切な精子を正常に作る事が出来ない造精機能障害が多いとされています。初めての精液検査は不安に感じる事も多くありますが、基本的な男性の精液検査の進め方は、受診するクリニック内の「採精室」で精液を採取し、採取した精液をすぐに検査を行います。採取直後の精液を検査する事で、より正確な精子の状態を確認する事が出来ると言うメリットがある為です。また、精液の状態はその日の体調等によっても大きく異なる事から、クリニックの指示に適切に従い進める事が重要です。

What's New

医者

不妊に悩むなら男性不妊治療専門クリニックで精液検査をしましょう

少子化傾向に歯止めをかけるということが叫ばれて久しい中、現在は男性の不妊治療に注目が…

実験

不妊治療をするなら精液検査を受けよう

近年、なかなか子供を授からないという、不妊に悩む夫婦は増加しています。医学の発展とと…

フラスコ

男性不妊治療の精液検査について

なかなか赤ちゃんを授かれないと悩んでいる人は、不妊治療専門クリニックを受診してみまし…

DNA

精液検査とはどんな方法?

近年メディアでもよく取り上げられ、不妊治療が一般的になりつつあると言っても、やはり男…

Copyright © 2020 不妊の原因を探るために男性専門クリニックで精液検査を受けよう All Rights Reserved.